wordpressのリダイレクトを設定する。

2018年12月27日

wordpress運用を開始するにあたってSSLを設定している場合『http://madaranomori.com/』と『https://madaranomori.com/』が混在しているのでリダイレクトを使って『https://madaranomori.com/』へ転送してみた。

.htaccessを使ってリダイレクトする。

はじめに、今回はSSLページ以外へアクセスがあった場合SSLのページへ自動的に転送することが目的なので.htaccessを使う。
スクリプトでも転送は可能ですが全ページへ貼り付けが必要なのでめんどくさい!
例えば自分で昔サイトを作ってるから転送したいなんて場合はスクリプトを使うのも手ですがwordpressを使ってる場合は素直に.htaccessへの記述一択。

# redirect
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

この記述を.htaccessへ追加するだけ。
これで常時SSL化の完成。

常時SSL化
常時SSL化スクリーンショット

404 Not Foundが出る場合

『404 Not Found』はただページが存在しないだけなので対応するには①『専用のページ』を作るか上記同様に②.htaccessへ記述して『404 Not Found』をトップページへ飛ばすかの2択。
404ページを用意していなかったり転送していない場合はSEOへ影響が出る場合がある。
当サイトでは404ページで対応することにした。

404 Not Found
404 Not Foundのスクリーンショット

一応、監視して404へのアクセスが多い場合は今後トップページへ転送を考慮するかもしれない?